我慢の限界がきたら転職がおすすめ!

女性の仕事選びでの悩みや職場での悩みは、いつでもたくさんあると思います。例えば「職場の上司が必要以上にうるさい」「ミスをするとねちねちお説教が続く」「もっと発展的な仕事がしたいのに」などなどつきないでしょう。
その中でも自分で解決できるものは、自分で努力して上手にこなしていかないとずっと尾を引くようになります。どうしても解決できなければ、会社とは関係ない他の人に意見を聞き、話しをまとめてから上司へ相談してみる。その様子や結果で、ある程度我慢できるものは我慢し、できなければ転職を考えた方がよいかもしれません。
どうしても解決できない問題というのはどこにでもあります。そういうことにどこまで我慢できるか、あるいはもう我慢の限界を超えているかなどを見極める。それ以上考えても意味がない場合は、身を引く方が賢いやり方でもあります。
自分が引き起こした問題でもないのに、問題や災難があちらから襲ってくる場合もあります。上手く立ち回ろうとしても、急にやって来られると何もできないのが現状です。後で考えてみると、“なんとかできなかったのか?”と思うことは多々あります。
しかし不意を突かれると人間よほど慣れるか強くないと反論できないし、上手くかわすことなど不可能です。
私の会社での災難もそうでした。仕事を探してやっと見つけた会社で散々な目にあいました。
生活費のため何があっても我慢しました。昼の休憩時間には誰も仕事をしませんが、私だけが仕事に追われ休憩時間をつぶして時間に間に合わせる為に走りまわって仕事をしました。他のスタッフは見て見ぬふり、誰も手伝ってはくれませんでした。
私の仕事だけ毎日毎日仕事が山ほどあり、どう動いても時間のかかる事ばかりだったので残業をして間に合わせましたが、残業が多すぎると叱られ就業時間内に終わるよう指示され、家でできるものは家に帰ってやりました。もちろん残業代なんかもらえません。
それでも仕事ができないとブツブツ言われたり、PCが使えないと散々非難されたりしました。かといって次に入ってきた女の子は仕事上PCがかなり使えないと仕事になりませんが、全くといっていいほどPCが使えなくとも、何も言われていませんでした。
あまりの言われようにその地域のある労働関係の機関に相談してみましたが、相手にしてもらえず弁護士に相談したところ、言われたことやされたことの記録をつけるように言われ、できることをやりましたがついには私が根負けして退職をしました。
仕事的には面白いし興味もありましたが、だんだん辞めるよう追いつめていくようなやり方に閉口し、どうにもならないものには早々に退散をすることを教わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>